スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

フラビウイルス科へパシウイルス属RNAウイルス

もう何年も前の話ですが、

急に体調不良になり、
病院へ行って検査をしました。

その時のGOT(AST)、GTP(ALT)数値共に1000を超え、
即入院、即強力ネオミノファーゲンシー(通称強ミノ)点滴開始。
歩くことも許可されず車椅子で病棟へ

度重なる検査の結果、
フラビウイルス科へパシウイルスRNAウイルス感染発覚。

ようはC型肝炎です。
どこで誰から感染したか全くの不明・・・
腰痛持ちなので鍼灸治療をしたことくらい、

それから友人の医師に肝臓専門医を紹介してもらいました。

inf.jpg

ペグインターフェロンです。
空き瓶未だに持っています。

そして紹介してくれた肝臓専門医のお蔭で、
新薬の治験へ参加させてもらい難治型だったのに、
たった6ヶ月でSVR(ウィルス学的著効)。
SVR=ウィルス学的著効とは完治と捉えて頂いても構わないと思います。

長い人だと1年半もインターフェロンと、
リバビリンの投薬続けてもSVRしない人もいる中で、
私は6ヶ月でSVR。

その薬の開発コードは「TMC-435」
その時の薬が今年の12月に厚労省から認可されるとのこと。

「医者と弁護士の友人は持て」とよく言われますが、
友人に医師がいてよかった。
お蔭で何年も早く治療できたのだから・・・

スポンサーサイト
category
日記

Comment

そうだったんですか!
良かったですね~。早く治って。

私の母もC型肝炎ですが、
もうそれなりの歳だし
薬剤アレルギーがひどいので
服薬治療で頑張ってます。


とにかく健康が一番ですね!!
  • 2013⁄09⁄16(月)
  • 21:35

>pullさん、こんにちわ!

お母さんC肝なんですか?
薬剤アレルギーですか・・・

私が受けた治験薬が使えればSVRすると思うのですが、
薬剤アレルギーでは、難しいかもしれませんね。

私は新薬より、
インターフェロンの方がキツかったです。
薬剤アレルギーだと、インターフェロンもダメなんでしょうね?
  • 2013⁄09⁄19(木)
  • 11:24

Trackback

http://asskiss.blog.fc2.com/tb.php/226-0fb5619d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。