スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

イルカと犬と猫と・・・ 羊と牛と豚と・・・

非常にショッキングで嫌な内容かも知れません。
タイトルの動物が好きな方、
嫌いな方は余り居ないと思いますが、
そんな動物に関することです。

この先の内容は人に拠ってはとても残酷です。
タイトルの動物が好きな方は読まない方がいいかもしれません。

オープニングの映像も気分を害する恐れがあるのでスペースを空けますね。












紀伊半島の小さな町。
フェイスブックでドイツの友人がトピックに上げていたサイト。


フェイスブックで Why?なぜ?と問かけられました。
スリランカの友人も、
Hey, Japan stop killing dolphin! と・・・

視聴する際には十分気をつけて下さい。




絶滅しかけてる鮫や海亀、
その地域にしかいない生物、
例えばガラパゴスや、西表固有の生物。
保護していかなければなりません。

イルカは生息数が多いから保護しなくてもいいのか・・・
難しい問題です。


しかし小さな漁村で、
耕地も少なく生きて行く為に海洋で狩をしてきた。
狩をしないと飢えて生きていけないから狩をする。
それがその地の文化であり風習だった。

そこにある日、
隠しカメラを持った外国人がやってきて撮影し世界に公開した。

そして非難の的となった。
勿論、イルカが絶滅しかけている生物なら規制し、
保護すべきだと思う。


韓国人は犬を食べる。
中国人は犬も猫も食べる。
なぜ叩かれないのか不思議で仕方が無い。

欧米人はエンジンオイルの為に鯨を絶滅寸前まで狩り続けた。
しかも鯨油以外は全て捨てた。
現在の鮫のヒレと同じ。

アメリカやオセアニアへ渡ったヨーロッパ人はどれだけ狩り続けて絶滅させただろう。

狩り続けて個体数が激減し、
採算に会わなくなったから牧畜を始めた。

我々日本人は鯨を狩っても骨の一本から、
ヒゲの一本まで全て捨てる事など無く使ってきた。

資源、農地の乏しい国で生きて行く為に狩りをした。


子牛のロースト。
ポークソテーは残酷でもなく可哀想でもないが、
イルカの大和煮は残酷で非人間的。

難しいですね。


スポンサーサイト
category
日記

Comment

イルカについて

こんにちは、海河童です。

和歌山のこのイルカ漁は、海外では強く非難されているようですね。
とはいっても、漁師さんたちの言い分もわかりますので、
私も一概に反対しませんが…

ただし、イルカを「知性を持った生き物」だと考える人は多いようです。
あの、「2001年宇宙の旅」を書いたアーサー・C・クラークも
「イルカの島」という本の中でイルカと人間の交流を書いています。

詳しくは、私のブログに書いていますので、
ご興味があれば、この記事を読んでみてください。
http://umikappa1960.blog.fc2.com/blog-entry-479.html
  • 2014⁄01⁄24(金)
  • 09:51
  • [edit]

>海河童さん、コメントありがとうございます。

そうですね・・・
強く批判されています。

「知性」

この範疇も難しいですね。

戦前に産まれた老いた母や父が居て、
老いた母や父は、
またその母や父から受け継いだ世界しか知らない。

子供の頃から食してきたものしか食べられない。
ステーキやハンバーガーなんて食が進まない。

そんな貧村の母と父の間に産まれた方の、
母や父が老いて食も細くなり、
病弱になったときに食べたいと望んだらどうでしょう。

「お母さん、ごめんね。これで我慢して。これ食べて」って、
病気の母にハンバーガーを持って行く人と、

海へ知性有る生物を狩りに行って世界から批判される人。


広大な太平洋の漁獲高も安定している地域。
人が魚を狩れば広大ゆえに同じ食を求める知性豊かな生物(イルカ)と共存し得ると思います。

四季が入れ替わり、
漁獲高も黒潮の動き一つで大きく変わる地域。

不作の時期は同じ食を求める知性有る者同士で、
食物連鎖(殺し合い)が始まる。

紀伊半島や伊豆半島のごく一部の貧しい漁村にしか理解出来ない範疇かもしれません。

難しい問題です。

映画マトリックの中で、
エージェント・スミスがモーフィアスに、
『君たち人間は、この地球に巣食うウィルスなんだよ』
『新しい地域を見付けては滅ぼしつくす。そしてまた新しい地域を見つけ・・・』

今、最強の知性有る者同士(人間)の食物連鎖が始まりかけて居るのかも知れませんね。




  • 2014⁄01⁄24(金)
  • 23:19

勇気を出して画像を観ましたが、直ぐに止めました。
人間も他の生き物も命を繋ぐため(人は生活の為)に残酷な事をしなければなりません。草にも命があって言葉を発することができれば「・・・」言っていますよね。
人間に近い生き物は可哀想ですが、害虫と呼ばれる昆虫を私は殺します~少し可哀想とやはり思いながら。
名声や冨を得た人も貧しく名もない人も人間として基本は同じ、害虫もペットの犬も自分自身も命は同じ~
「生きるために最低限、無駄にせず感謝の気持ちで〙が精一杯のところでしょうか。害虫と呼ばれる昆虫等、絶滅危惧種はある筈、ただ生き物として人目を惹かず話題にならないだけかもしれませんが、嫌われ者にも命が。
そう思いながらここ数日は害虫退治、「私が美味しい果物を食べるため」と云う身勝手な理由からなのが気になる部分ですが、樹の肌が美しくなって樹が喜ぶのも嬉しいと思いつつ。
イルカは世界の人から愛されている!食べるのならなるべく愛されていない動物にすべきかもしれません。。。生きるって辛いです。特に老人となって役に立てない身ですと、命を奪って食べる意味が重くなってきます。
  • 2014⁄01⁄25(土)
  • 09:48

>ROMIさん、こんばんわ!

きっとROMIさんなら通じ合えると思い書いたのでですが、
FC2的にNGワードが一杯で返信出来ませんでした(笑)

なので、
FC2様の許容範囲で、

最低限のものを無駄にせず、
そして『命を奪って、食べる意味』。
中年の私に取っても、
とても重い意味があります。

  • 2014⁄01⁄26(日)
  • 21:47

Trackback

http://asskiss.blog.fc2.com/tb.php/251-b1dbc855

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。