スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

PADI Europe,Middle East and Africa

6月渡航の為インストラクター資格をPADI Japanより、
PADI Asia Pacificへトランスファーし、
保険もオーストラリアのWillisへ変更が完了しました。
Japan以外のプロサイトは共通の様で全世界のPADI情報が閲覧できます。
特に目を引いたのがEuro
P1
er-p1.jpg
P2
eu-02.jpg
P3
eu-03.jpg
P4
eu-04.jpg
P5
eu05.jpg

凄いです
1年間のIE開催スケジュールです(IE=インストラクター試験、PADI本部から試験官が来て審査する)
モザンビークからモスクワ、
南アフリカまで、しかもベルリンやモスクワは海が無い!
一体どんな試験なんだろう?

トランスファー後にPADIの凄さを再認識したのと同時に、
Japanの鎖国っぷりもど~なんでしょう(笑)

また、保険に関してもWillisへ加入していれば全世界ティーチング・ステータスです。
もちろんJapanも、しかも年間$130(笑)
ただ日本で効かせる場合はやはり条件があって、
一度海外PADIオフィスへトランスファーしないとWillisへは加入できません。
私の場合ゴールデンウィークは伊豆、
6月からフィリピンでしたので早々にトランスファーを行いWillis加入→保険証書をPADI Japanへ送付
これで国内外問わずティーチング・ステータスになりました。

またDANも・・・
DANも鎖国ってます
DAN Japanで出国すると3ヶ月間しか適応されず、
またしてもDAN海外オフィスへの登録からスタートになります。
しかも海外オフィスで加入していればこれもまた全世界共通・・・

なんでこう日本だけは独立行政法人みたいな状態なんでしょうか。
スポンサーサイト
category
ダイビング

Comment

Trackback

http://asskiss.blog.fc2.com/tb.php/313-9229436f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。